ディップス

スクワットはキングオブエクササイズと言われる重要な種目ですが、上半身のスクワットと呼ばれる種目はあります。

それは自体重で上半身を鍛えることができるディップスですが、フォームのアレンジによって効く部位が違ってきます。

大胸筋下部や三角筋前部に効かせたい場合は、膝を曲げ脚を後ろに傾け、肘を手の真上に垂直に立て上体を前に傾けたまま行います。

上腕三頭筋に効かせたい場合は、脚を真っ直ぐ伸ばして、上体を真っ直ぐ立てて肘を後ろに突き出して体を上下させます。

僧帽筋に効かせたい場合は、背筋と肘を伸ばしたまま肩甲骨を下げる動きで体を持ち上げるようにします。

ディップスはベンチプレスの挙上重量を上げることにも有効ですので、自体重で高回数できるようになったら、ベルトを使ってウエイトを加重して行うとより効果的に鍛えることができます。