白鵬全勝優勝、照ノ富士横綱昇進

大相撲名古屋場所千秋楽の全勝対決は、6場所連続休場明けの横綱白鵬が、大関照ノ富士との全勝決戦を制して、昨年春場所以来45度目の優勝を果たしました。

全勝優勝は自身の歴代最多記録を更新する16度目、一人横綱の優勝は19度目で戦後最多、

6場所連続休場明け優勝は、横綱大鵬の5場所を抜いて最長ブランク優勝など、記録を塗り替えました。

大関照ノ富士は、3場所連続5度目の優勝こそ逃したものの、平成生まれ初、令和初の横綱昇進が確実です。

来場所から東西の横綱対決が楽しみになりました。