マッスルメモリー

トレーニング経験者はトレーニングをしばらく休んでも、トレーニングを再開すると筋肉が元に戻るのが早いです。

この現象はマッスルメモリーと言います。

マッスルメモリーは存在することが幾つかの大学の共同研究によってわかっています。

この研究は7週間週3回のトレーニングを行い、その後7週間トレーニングを休み、その後7週間週3回のトレーニングを行うという研究です。

その結果、6〜7週間で元のレベル以上に筋肉量が増えていたそうです。

筋肉が作られる際に働く筋サテライト細胞の核の部分がトレーニングに増加し、それが残っているためなど複数の要因が考えられています。

6月は仕事の関係でトレーニング頻度がかなり少なくなりましたが、マッスルメモリーを考慮して、今は関節を休ませる良い機会だと思って仕事に邁進していきます。