動作スピード

トレーニングを行う時の動作スピードによってトレーニング効果が異なります。

ウエイトをできるだけ素早く挙上する方法をクイックリフトと呼び、スポーツパフォーマンスの向上やパワーの向上に効果的です。

逆に動作スピードを遅くして、加速をつけずにゆっくり行う方法をスロートレーニングと呼び、成長ホルモンの分泌が促進されるのでダイエットに効果的です。

遅い動作に慣れるとパワーが低下する場合がありますが、スロートレーニングの方が怪我のリスクも低く、美しくなりたい女性、安全に筋肉をつけたい男性、高齢者の筋力向上に効果的です。