ダイエットとホメオスタシス

ダイエット方法は大きく分けて3つあります。

①低脂肪ダイエット(カロリー制限)

②低炭水化物ダイエット(糖質制限)

③代謝アップ

①はCPF比6:3:1など

三大栄養素の摂取カロリーを抑え、効果は感じ易いです。

がカロリー計算が面倒だったり、脂質摂取が制限されるので肌や髪がカサカサになったり、長期間制限すると脳疾患のリスクが高まります。

ご飯や麺類が大好きな人に合っている方法です。

②CPF比は1:3:6など

は食事の中に含まれる糖質量を減らすことで肥満ホルモンであるインスリンの分泌を抑え体脂肪になりにくく、体脂肪を使い易くする方法です。

面倒なカロリー計算をしなくて良いのと満腹感を得られ効果も感じ易いですが、ご飯やスイーツが好きな人はストレスを感じる方法です。

肉類や魚介類が大好きな人に合っている方法です。

③は食事による体熱産生を高めるためにたんぱく質を積極的に摂取する方法で効果はマイルドですが誰にでもできて継続し易い方法です。

その他にもたくさんのダイエット方法がありますが、人間の体は不思議なもので慣れるとそれを維持しようとするホメオスタシスという機能が備わっています。

同じダイエット方法を継続しているとホメオスタシスが働き体重や体脂肪率が全く落ちなくなる停滞期があります。

体重や体脂肪率の落ちが止まってしまったらその停滞を打破するには、低脂肪ダイエットを4週間くらい継続したら低炭水化物ダイエットを4週間ぐらいやるというように変化をつけてみるのも良いです。