熱中症対策

熱中症は大きく4種類に分けることができます。

①熱射病

体温40度を上回る発熱、意識障害、めまい、ショック状態など適切な処置が行われないと多臓器不全で死亡することもある。

②熱疲労

発汗が顕著で頭痛、全身倦怠感、脱力感、めまい、吐き気、皮膚の桑白などが起こる。

③熱痙攣

四肢や腹筋などに痛みを伴う痙攣が起き腹痛や嘔吐をする。

④熱失神

めまい、失神、頻脈、過呼吸、皮膚の蒼白、唇のしびれなどが起こる。運動直後に発生することが多い。

暑い日は熱中症にならないように水分補給とナトリウム、カリウム、マグネシウムなどの電解質を補給することが大切です。