徳勝龍、異例づくしの初優勝

大相撲初場所は幕尻の西前頭十七枚目・徳勝龍が、大関・貴景勝を寄り切り141敗で初の幕内優勝をしました。


貴闘力以来
20年ぶりの幕尻優勝で、再入幕力士が優勝するのは史上初。

また、98年ぶりの奈良県出身力士の優勝で奈良県民だったことがある自分としても嬉しいです。

大関豪栄道が引退するのは残念ですが、テレビで大相撲がやっていると娘が画面にかじりつくように見ます。

今回も両国国技館に観戦に行くことはできませんでしたが、いつか一緒に観戦に行きたいです。