有酸素性持久力を高める

冬はマラソン大会が多いですが、マラソンなどの有酸素性持久力を高めるトレーニング方法は以下のようなものがあります。

HIIT
High-intensity interval trainingの略で20秒の全力運動と10秒のゆるい運動を8回交互に繰り返す等のトレーニング方法です。
VO2max以上の強度

インターバルトレーニング
トレッドミルを使って時速23Kmと時速9Kmで交互に走る等、不完全休息を挟みながら中級度〜高強度を繰り返すトレーニング方法です。
VO2max付近の強度になります。

ペース•テンポトレーニング
少し速めのペースを維持して20分〜40分走り続けるトレーニング方法です。
乳酸性作業閾値(LT)の強度で、レースと同じペースもしくはそれよりやや上の強度になります。

LSD(long slow distance)
ゆっくりとしたペースで長い距離を走るトレーニング方法です。
VO2maxの約70%の強度になります。

ファルトレク
LSDとペース•テンポの間で変化をつけるトレーニング方法です。

筋肉を維持したまま体脂肪を落とすならHIITが適しています。