コレステロール

コレステロールは脂質の1種で大きく分けてHDLLDLに分けられます。

HDLは善玉コレステロールと呼ばれていて、体の中の余ったコレステロールを血液に乗って回収します。

LDLは悪玉コレステロールと呼ばれていますが、肝臓から血液に乗ってコレステロールを全身に届ける働きがあり、体の中で重要な役割を果たしています。

コレステロールは必要な体に栄養素なので不足すると血管が弱くなって出血するなど不調が出てしまいます。

コレステロールは卵、レバー、うなぎ、あんこうの肝、魚卵などに多く含まれています。

LDLが多くなると血管に溜まりやすくなり、脳の血管が詰まると脳梗塞、心臓の血管が詰まるだったら心筋梗塞になり、詰まった先の部分に栄養や酸素が届かなくなり命に関わることもあります。