アキレス腱

アキレス腱は足首の後ろにある大切な腱です。

腱は骨と筋肉をつないでいる部分です。

腱のおかげで筋肉と骨の動きを連動させることができます。

足首の後ろにあるとても強い腱をアキレス腱と呼びます。

ふくらはぎにある腓腹筋とヒラメ筋をかかとの骨とつなげていて大きく太いひも状をしています。

運動会でお父さんが昔の感覚で全力疾走をした時などに起こるアキレス腱断裂はスポーツ障害の代表的な疾患です。

腱の強度を超える張力が加わったり、加齢により腱の強度が低下していると断裂することがあります。

ジャンプの着地や後方へ足を踏み込んだ際に受傷することが多く、断裂の瞬間は足を蹴られたような感じになります。

その後はあまり痛みもなく、断裂に気づかない人もいますが、アキレス腱が断裂していると足首を底屈できないのでペタペタとした歩行しかできなくなります。

治療法は腱と腱を縫合する手術を受ける、または装具を着けて底屈位で固定する保存療法ですが、日常生活に復帰するには3ヶ月程度、競技スポーツに復帰する半年程度かかります。