スクワットのフォーム改善

スクワットはキングオブエクササイズと呼ばれるほど効果の高い種目ですので正しいフォームで行いたいものです。

以下のようなフォームになる場合はのようにすると良いです。

女性に多い膝が中に入る場合中臀筋が弱いので中臀筋のトレーニングをして強化する。

膝がつま先より前に出すぎる場合お尻を後ろに突き出すように股関節から曲げることを意識して行う。

骨盤が後傾してしまうハムストリングスや大臀筋が硬いのでストレッチをする、大腰筋が弱いのでトレーニングして強化する。

深くしゃがめない重量が重過ぎるので重量を下げる、ヒラメ筋が硬いのでストレッチして柔らかくする。

お尻を引き過ぎて上体が倒れる真下にしゃがむことを意識する。

上体が反り過ぎてしゃがみが浅くなり過ぎる視線が上過ぎるとしゃがみが浅くなるので視線を下に向けて足と足の間を見るように意識する。

動作中に背中が丸まってしまいバランスを崩す足幅を広げてワイドスタンスにして少し視線を上に向ける。

腰が痛くなるベルトを強めに巻いたり、バーベルを担ぐ位置を低い位置(ローバー)にして腰の負担を軽減する。