平成最後の大相撲

平成最後の大相撲春場所は横綱白鵬が42回目の優勝と15回目の全勝優勝を果たしました。

また、関脇貴景勝が大関栃ノ心に勝って大関昇進を確実にし、敗れた大関栃ノ心は大関陥落です。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20190324/amp/k10011859101000.html%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D

白鵬関は上腕部を痛めたようで心配ですが、力士は筋肉量が多くBMIも高く、病気になる人も多いようです。

BMIは体重と身長から肥満度を表す指標で、BMI22が最も病気になりにくく、肥満度が高くなると生活習慣病になる確率が高くなるとされています。

日本肥満学会の判定基準によると

        18.5未満→低体重

18.5~25未満→普通体重

   25~30未満→肥満1度

   30~35未満→肥満2度

   35~40未満→肥満3度

           40以上→肥満4度

日本相撲協会公式サイトで現役の力士の身長と体重を調べてみると

白鵬関     身長192㎝ 体重158㎏ BMI42.86

鶴竜関     身長186㎝ 体重157㎏ BMI45.38

高安関     身長185㎝ 体重178㎏ BMI52.01

豪栄道関 身長184㎝ 体重160㎏ BMI47.26

栃ノ心関 身長191㎝ 体重175㎏  BMI47.97

貴景勝関 身長175㎝ 体重169㎏  BMI55.15

逸ノ城関 身長193㎝ 体重226㎏ BMI60.67

日本肥満学会の判定基準だと上位力士は肥満4度なので引退したら早急に減量をしないといけなそうですね。