週毎のトレーニング

毎週、高重量低回数→中重量中回数→低重量高回数のサイクルで変化をつけてトレーニングしています。

今週は低重量高回数の週ですが、高重量低回数の時は関節痛が酷いのですが、低重量高回数の週は関節痛がほとんどありません。

低重量高回数の時はインターバルが短くてもできるので短時間でトレーニングが終わります。

ちなみに高重量低回数はインターバルを長くしないとできないので、トレーニング時間が一番長くなりますが、慣れているようで一番筋肉痛は軽いです。

小濱裕司