年末年始で睡眠時間の確保

年中無休の自分は年末年始も普段通りの生活です。

世間では年末年始はお休みでその気になれば睡眠時間を確保することができる方も多いと思います。

体は睡眠中に筋肉を合成しているので睡眠不足に陥ると筋肉もつかなくなり、ダイエットにもマイナスになります。

ダイエットに適している理想の睡眠時間は7時間とされています。

また、7時間睡眠が一番死亡率が低く、長生きするようです。

ただし、成人の場合は睡眠時間を長く取れば良いわけではなく、睡眠時間が9時間以上だと逆に太り易くなります。

睡眠には浅い眠りであるレム睡眠と深い寝りであるノンレム睡眠があり、寝入って約1時間後のノンレム睡眠の時に成長ホルモンが多く分泌され筋肉が作られると言われています。

また、睡眠は時間と質が大切で質の良い睡眠のために副交感神経を優位にしなければなりません。

夕食を睡眠の3時間前までに済ませて、睡眠の1時間前に39~41℃のぬるめのお湯に入浴して、ストレッチをしてから床につくと副交感神経が優位になるので質の良い睡眠につながりますのでお試し下さい。

トレーニングも食事管理もしっかり行っているのにダイエットが上手くいかない、または筋肉がつかない方は夜更かしを避け、7時間の睡眠を心がけてみてください。

眠りが浅く熟睡できない方は疲れが抜けず筋肉のためにも脳のためにも良くないので早めに専門医に相談してください

小濱裕司