アルコールは高カロリー

体組成計でお客様の測定値を見て、内蔵脂肪レベルが高い方はアルコール摂取量が多い傾向があります。

 

自分は10月で38歳になりますが、消防士の時に無理矢理飲まされて以降14年以上アルコールを一滴たりとも飲んだことがありませんが、内蔵脂肪レベルも低く、体組成計の体内年齢16歳です。

アルコールは筋肉が合成されるのを妨げるので筋肉をつけることに大いにマイナスです。

アルコールは栄養価がないので0kcalでダイエットには無関係と思われがちですが、実はアルコールは高カロリーです。

1gあたりのカロリーはアルコール7kcal、炭水化物4kcal、タンパク質4kcal、脂肪9kcalです。

アルコールはエンプティカロリーと呼ばれ、体に蓄える能力がないのでいくら飲んでも脂肪にならないと勘違いしている方も多いですが、エンプティカロリーはタンパク質やビタミンミネラルなどの必要な栄養素がないのにカロリーがあるという意味です。

アルコールは摂取した食品からのカロリー消費を妨げてしまい余ったカロリーは脂肪として蓄積されます。

また、アルコールは肝臓で中性脂肪の合成を促進するので脂肪肝の原因にもなるのでダイエットにもマイナスです。

アルコールを飲む場合は糖質の少ない蒸留酒の方が良いですが、アルコールの過剰摂取は脱水症状を引き起こしたり、糖尿病や高血圧症などのリスクが高めるので飲酒は適量で週2回以内にした方が良いと思います。

小濱裕司